東京藝術大学 音楽創造・研究センター     

東京藝術大学 音楽創造・研究センター

ロシア公演ツアー報告⑦ :「日本文化デー」セミナー・コンサート「邦楽コンサートを楽しもう: 箏・三絃、尺八、笛」

 

 

これまでに上記のプロジェクトに参加した若手邦楽アーティストたちが2グループを構成し、2016年10月末から11月初旬にかけて、ロシア公演ツアーを実施してきました。このツアーでは、両グループが個々にモスクワとサンクト・ペテルブルグをまわり、自主企画公演をふくむ合計12のイベントに出演しました。
(過去の「アントレプレヌール支援:邦楽科におけるグローバル・キャリア展開」の実施報告についてはこちらをご覧ください:2015年度2014年度

このページではサンクトペテルブルグのモスクワ文化センターにて開催された、サンクトペテルブルク総領事館主催フェスティバル「日本文化デー」のセミナー・コンサート「邦楽コンサートを楽しもう: 箏・三絃、尺八、笛」の様子を紹介します。こちらのイベントには、福田恭子さん、江原優美香さん、大嶋礼子さん、井本蝶山さん、正田温子さんが出演しました。
サンクト・ペテルブルグでのイベントはすべて総領事館のご後援いただき、日本文化を紹介する文化フェスティバル「日本の秋」にて広報していただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

❖ イベント概要
剣術や漫画など、さまざまな日本文化を扱った「日本文化デー」イベントの一環という事もあり、演奏だけではなくレクチャーと体験コーナーを設けて、より深く日本音楽の魅力を知っていただくことを趣旨としました。沢山の日本文化のなかで日本音楽にも興味を持っていただきたけるよう、構成に配慮しました。

日時:11月4日(金)16:00開演
場所:サンクトペテルブルグ モスクワ文化センター
出演:福田恭子さん(箏・三絃)
   大嶋礼子さん(箏)
   江原優美香さん(箏)
   井本蝶山さん(尺八)
   正田温子さん(笛)

❖プログラム
●前半:ホール前ロビーにて
楽器レクチャーと体験コーナー

●後半:コンサート
1.《春の海》(宮城道雄作曲)
箏 :江原優美香
尺八:井本蝶山

2.《助六》より抜粋(三代目桜田治助 作詞 十代目 杵屋六左衛門 作曲)
《勧進帳》より抜粋(三代目並木五瓶 作詞 四代目 杵屋六三郎 作曲 )
笛・能管:正田温子

3.《雁》 (山本邦山 作曲)
尺八:井本蝶山

4.《八重衣》(石川勾当 作曲 八重崎検校 箏手付)
箏 :大嶋礼子
三絃:福田恭子
尺八:井本蝶山

5.《招春賦》(笹本武志 作曲)
1箏 :福田恭子
2箏 :江原優美香
尺八 :井本蝶山
笛  :正田温子

❖観客の様子・反応
体験コーナーでは、経験者はおりませんでしたが、日本が好きなので日本の楽器に触れてみたいという方が多く、また日本についての質問を受けたり、日本に来たときの話をしてくださったり、参加者との距離が近い体験でした。日本文化デーイベントの一環ということもあり、今までの演奏会と客層が違う印象を受けました。

❖実施側の感想
楽器の事だけではなく、参加者の皆様との交流ができたイベントだったと思います。コンサートでも現代曲が一番盛り上がったように感じました。同じ土地でもイベントの雰囲気などでプログラムを考える必要があることが分かり、とても勉強になりました。

tumblr_og9t5ujka81uuxqmro3_1280

アントレプレヌール支援:プロジェクト一覧に戻る
ページのトップにもどる