東京藝術大学 音楽創造・研究センター     

東京藝術大学 音楽創造・研究センター

特別講座 第4回「若手音楽家のためのキャリア展開支援」開催のお知らせ  「音大生」が卒業後に「プロの演奏家」として羽ばたくためには

音楽創造・研究センター「講演会シリーズ」第4回

【日時】 2017年10月16日(月)18:00~20:00  申込み不要
【会場】 東京藝術大学音楽学部 5-109教室
【対象】 学部生・大学院生
【講師】 野間 晴久 先生 (宗次ホール 総括支配人)

⦿ 概要

音大生がプロの演奏家として羽ばたくためには、演奏の技量はもちろんのこと、演奏会全体の構成や、「自分のアーティスト像をどのように伝え、アピールするのか」というセルフ・マネジメント能力が必要となってきます。しかし、そういった実践的な指導を受けられる機会はなかなかありません。
名古屋にある宗次ホールでは「クラシック音楽届け隊」(アウトリーチ活動)プロジェクトを立ち上げ、「徹底したお客様目線のコンサート作り」が出来るよう若手演奏家にコンサートのプログラム作成からシナリオ作りまで、一定期間をかけて徹頭徹尾、指導しています。
「若手音楽家のためのキャリア展開支援」シリーズ第4弾となる今回は、同ホール総括支配人の野間晴久先生をお招きし、こちらでの取組内容をお話いただきます。今後の音楽活動に生かせるノウハウをたくさんお聴きできることでしょう。ぜひ奮ってご参加ください。

⦿ 野間 晴久先生 プロフィール
宗次ホールがオープンして1年後の2008年4月、取引先の信用金庫より総括支配人として就任。宗次オーナーの年間400回公演開催したいという願いを達成するため、今までのクラシック業界の発想を超えた集客アイディア①ランチ&クラシック(セットプラン)、②スイーツタイムコンサート(カルチャーとのコラボ企画)、③「クラシック音楽広め隊」(画期的な広報戦略)等展開し、着任時の年間2万人の入場者数を9年間で4倍の8万人まで増加させる。2014年10月より宗次流アウトリーチ活動である「クラシック音楽届け隊」を開始し、集会場・体育館・講堂等で年間約60公演を開催。2016年度より南山大学、2017年度より愛知県立芸術大学非常勤講師。

宗次ホール ランチタイムコンサートの出演者募集案内 http://www.munetsuguhall.com/Lunchi/index.php
宗次ホール アウトリーチ活動「クラシック音楽届け隊」募集要項  http://www.munetsuguhall.com/todoketaibosyu3.pdf

※ランチタイムコンサートおよび「クラシック音楽届け隊」ともに邦楽も対象

 

〔問合せ〕音楽創造・研究センター(担当:中田 mcar-info@ml.geidai.ac.jp 左記@を半角に変換してください)

ページのトップへ戻る