大阪国際室内楽コンクール&フェスタ

【募集状況】 募集中
【応募受付期間/申請締切日】  2019年4月1日-10月10日
【コンクールの趣旨/内容】 国内外の室内楽の一層の振興を図るため、世界の著名な音楽家に審査委員を委嘱し、室内楽に熱心に取り組む 若きアンサンブルを広く世界中から募り、その優れた演奏を顕彰するもので、第10回では第1 部門は「弦楽四重奏」を、第2部門は「ピアノ三重奏」と「ピアノ四重奏」を対象に開催
【部門】 第1部門:弦楽四重奏
第2部門:ピアノ三重奏、ピアノ四重奏
フェスタ:2人から6人までの器楽奏者で編成される室内楽アンサンブルで、楽器の組合せは自由
【年齢/申請資格】

コンクール:35歳以下の演奏家によるアンサンブル(1984年5月16日以降に出生した者)・国籍不問
フェスタ:年齢・国籍不問

【開催日程】

コンクール
説明会 2020年5月13日
 第1部門
・1次予選 2020年5月15日
・2次予選 2020年5月17日
・3次予選 2020年5月19日
・本選 2020年5月22日

第2部門
・1次予選 2020年5月16日
・2次予選 2020年5月18日
・本選 2020年5月21日

フェスタ
・説明会 2020年5月15日
・1次ラウンド 2020年5月17日
・セミファイナル 2020年5月20日
・ファイナル 2020年5月20日

【開催場所】 いずみホール(大阪市)
・なお、フェスタの1次ラウンド(5月17日開催)は、次の2会場で行う。
富山県高岡文化ホール(富山県高岡市)
三重県文化会館(三重県津市)
【賞金/副賞】  ・コンクールの賞金

第1位: 賞金 300万円 
第2位: 賞金 150万円 
第3位: 賞金 100万円 
◆委嘱新曲賞 20万円 第1部門3次予選の委嘱新作(作曲:望月 京)の演奏が、最も優れていた1団体に授与 
◆大阪国際室内楽コンクール アンバサダー賞 コンクールに参加しているアンサンブルから1団体に授与される。授与された団体は、 2021年にミュンヘンで開催される「ニンフェンブルク宮殿の夏」室内楽祭のコンサー トへ、本コンクールのアンバサダーとして出演
◆ボルドー弦楽四重奏フェスティバル賞 第1部門に参加している弦楽四重奏から1団体に授与される。授与された団体は、 2021年に開催される「ボルドー弦楽四重奏フェスティバル」に招聘される。
◆ストリング・クァルテット・ビエンナーレ・アムステルダム賞 第1部門で第1位を受賞した弦楽四重奏は、2022年にアムステルダムで開催される 「ストリング・クァルテット・ビエンナーレ・アムステルダム」に招聘されコンサートに出演

・フェスタの賞金
メニューイン金賞* :賞金 200万円 
銀賞 :賞金 100万円 
銅賞 :賞金 60万円 
ファイナリスト賞 : 賞金 20万円 表彰状

◆特別賞 セミファイナル出場団体の中で特に伝統音楽・民俗音楽に優れた団体に対し、「フォークロア特別賞」(賞金20万円)を授与される。

※コンクール各部門及びフェスタの第1位受賞団体は、5月24日いずみホールで開催する披露演 奏会(大阪)に無料で出演しなければならない。
※コンクール各部門の第1位受賞団体は、5月25日サントリーホールで開催する披露演奏会(東 京)に無料で出演しなければならない。大阪-東京間の旅費と当日の宿泊費は、主催者が負担する。 会場:サントリーホール ブルーローズ(東京都港区)

※コンクール各部門及びフェスタの第1位受賞団体は、 日本国内の約10都市で開催される演奏会ツアー (「グランプリ・コンサート」と言う)に書き年月に招聘される。本コンサートの演奏料は支払われる。 
第1部門の第1位団体:2020年11月
第2部門の第1位団体:2021年11月
フェスタのメニューイン金賞団体:2022年11月

【課題/応募規定】  予備審査は、申込書・書類及びCD・DVDに基づき行われる。

審査結果は、2019年12月30日までにすべての応募団体にEメールまたは書類で連絡される。

・課題曲の詳細はこちら

【提出物】 (1)応募団体全員が写っている最近撮影されたカラー写真1枚。楽器を持った写真が望ましい。
(2)応募者個々人の名前、国籍、生年月日を証明する公式文章のコピー。(パスポート、運転免許証など)
(3)コンクール応募団体は、指導者、またはそれに準ずる音楽家の推薦状1通。(フェスタは不要)
(4)応募団体によるDVD ・2019年4月以降に収録したもので、録画形式はMP4が望ましい。
・1台の固定カメラで撮影し、団体のメンバー全員が楽器と共に常時映っていること。
・撮影した録画は編集や、音質を高めるような、いかなる加工もしてはならない。だたし、楽章間、曲間でのトラック分けは認める。
・コンクール第1部門応募団体:F.J.ハイドンの弦楽四重奏曲作品50、64、71、74、76、77の中から任意 の1曲と、2次予選の課題曲の中から任意の1曲を選び収録する。(各曲は、全楽章を通して演奏する。)
・コンクール第2部門応募団体:1次予選の(1)、及び2次予選の課題曲の中から各々1曲を選び収録する。(各曲は、全楽章を通して演奏する。)
・フェスタ応募団体:1次ラウンドおよびセミファイナルで演奏する曲を収録。各ラウンド内の曲は通して演奏する。
(5)団体のコンクール歴・コンサート歴などを示すプログラム、新聞記事などがあれば添付する。(コピーで可)
【参加費】  20,000円

〇詳細ページURL
大阪国際室内楽コンクール&フェスタ 募集ページ
大阪国際室内楽コンクール&フェスタ 募集要項
日本室内楽振興財団 トップページ

〈洋楽〉国内音楽コンクール 一覧ページに戻る