東京藝術大学 音楽創造・研究センター     

東京藝術大学 音楽創造・研究センター

公益社団法人 日本演奏連盟 宗次エンジェル基金 新進演奏家国内奨学金制度(給付型)

【募集状況】 募集中
【応募受付期間/申請締切日】 2017年9月5日-2017年10月4日〈必着〉
【助成目的/助成対象】

特定非営利活動法人イエロー・エンジェル宗次德二理事長の支援を得て、プロのクラシック音楽の演奏家を志す生徒・学生・若手演奏家に対し、国内の教育機関での学業費用または研修費用等を支援する制度を実施

【対象分野】
声楽、ピアノ、弦楽器、木管楽器、金管楽器

・現にクラシック音楽の専門教育を受けており、プロの演奏家を志す若手演奏家
・優れた音楽能力を有し、将来の活躍が期待できる者
・明確な目標及び目的意識を持っている者
・経済的に奨学援助を必要とする状況にある者
・国内在住者に限る、但し、国籍は問わない

【年齢/申請資格】 ・声楽: 20歳以上32歳以下
・器楽: 13歳以上25 歳以下
(いずれも2018年4月1日現在)
【助成金/助成内容】 ・助成金 月額5万円(給付/返済不要) 国内におけるレッスン費用、教育機関での学業費用など、申込者本人の学業に要する費用支援
※本人以外の人の生活費などには使用不可

・支給期間は原則1年間
但し、希望により最長2年間まで延長することは可能

※延長を希望する方については、しかるべき時期に延長の意思を確認する文書を送付、その上で、次年度にあらためて実技審査を受ける
※奨学金の支給は、初年度は国内在住者に限る。但し、2年度目以降は、海外に居住を移す場合でも奨学金の支給は継続されるものとする

【対象事業の実施期間】 原則1年間
2018年4月より毎月15日に送金される
【内定時期】 ・第1次審査 2017年12月中旬までに通知
・第2次審査 第第1次審査合格者に対し、実技審査・面接選考
予定日日程:2018年1月12日
会場:杉並公会堂小ホール
・最終結果 2018年3月上旬
【提出物】 ・申込書(写真貼付)
・芸術上の指導者(親族は除く)の推薦書 ※署名は直筆のもの
・成績証明書(現在または最近在学した学校が発行した最新のもの)
・審査用CD内容一覧
・録音物資料 CD(CD‐R、CD‐RWの場合は必ずファイナライズしたもの、2曲提出する場合は、1曲毎に頭出しができるようにトラック分けすること、標準的なCDプレーヤーで再生できること)

【声楽分野】収録時間12分以内:任意の歌曲1曲とオペラアリア1曲
【器楽分野】収録時間20分以内:ピアノ=自由曲2曲、但し同一作曲家でない曲(ソナタ等の第1楽章を1曲とすることも可)
・弦楽器=任意の協奏曲の第1楽章(カデンツァを含む)
・管楽器(木管)=モーツァルトの任意の協奏曲の第1楽章(カデンツァを含む)(サクソフォンは任意の協奏曲の第1楽章)(金管)=任意の協奏曲の第1楽章(カデンツァを含む)
※最近半年以内に録音したもの
※演奏が明瞭に聞きとれる録音状態であること
※氏名、録音日、録音場所を明記

・任意:申込者に関する資料(演奏会パンフレット、プログラム等)

【多財団との助成金重複の可否】 他の支援制度・奨学制度(給付型)との併用不可
但し、貸与型の奨学金を受けている者、また大学等の教育機関の奨学金制度を受けている者の当制度への応募は可能
【助成金の複数年利用の諾否】 支給期間は原則1年間、但し希望により2年間まで延長することが可能(延長においては実技試験あり)
【その他】  

〇詳細ページURL
公益社団法人 日本演奏連盟 宗次エンジェル基金 新進演奏家国内奨学金制度(給付型) 募集ページ
公益社団法人 日本演奏連盟 宗次エンジェル基金 新進演奏家国内奨学金制度(給付型) 募集要項
公益社団法人 日本演奏連盟 トップページ 

国内活動に対する助成制度の募集情報 一覧ページに戻る