東京藝術大学 音楽創造・研究センター     

東京藝術大学 音楽創造・研究センター

アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)

【募集状況】 募集終了
【応募受付期間/申請締切日】 2016年12月2日午後1:59まで
【助成目的/助成対象】 【個人】
母国以外のアメリカおよびアジア諸国へ調査、研究、専門的な研修、視察、創作活動への助成を希望するアメリカとアジアの芸術の分野におけるアーティスト、学者、専門家を対象とした助成プログラム

【団体】
アジアとアメリカおよびアジア諸国間での専門的な国際文化交流に極めて重要なプロジェクトに対する助成プログラム

【対象分野】
考古学、建築、芸術史、アートアドミニストレーション、芸術批評、美術品修復、工芸、キュレーション、ダンス、フィルム・ビデオ、文学、博物館学、音楽、写真、演劇、ビジュアルアート

【渡航先対象地域】
アメリカ合衆国およびアジア諸国、アジアの領域は、西はアフガニスタンから東は日本とインドネシアまで

【年齢/申請資格】 【個人】
年齢制限:なし

【団体】
・プロジェクトの主催者である必要があり、非営利団体(NPO)や非政府組織(NGO)および、非営利と同等の活動を行い自国の政府や自治体から認定を受けている団体
・上記非営利の認定を受けていない場合には、非営利の認定を受けている団体から財務上の支援を受けている必要がある。その場合、ACCの助成を受けるためには、支援関係を証明する契約書などの写しを提出する場合もある。

【助成金/助成内容】 【個人】
助成金に含まれる費用:往復航空運賃、滞在先での国内移動費、生活滞在費、書籍や資料の購入費など
※アメリカに渡航する日本のグランティには医療保険も支払われる。
※アメリカ国内のアーティスト・イン・レジデンスプログラム参加希望者には、最長6ヶ月のレジデンススタジオ代、プログラム費用は助成されるが、制作費は含まれない

【団体】
助成金に含まれる費用:往復航空運賃、滞在先での国内移動費、日当費

【対象事業の実施期間】 ※昨年度の場合
【個人】
助成可能な渡航先地域での滞在期間:1ヶ月-6ヶ月

【団体】
2016年9月以降
国際文化交流に極めて重要なプロジェクトに対しての助成

【内定時期】 ※昨年度の場合
・2015年5月にニューヨークで行われるACC理事会にて審査結果の決定
・2016年5月末以降に結果通知
【提出物】 ・オンラインメールフォームから申請書を請求
・申請書
・提出資料
・推薦状(該当がある方のみ)
(メールおよび郵送で提出)
※申請書類作成に要する時間を考え、締切日に間に合うよう申し込みすること
【他財団との助成金重複の可否】 重複可
※ただし、他の団体からの援助も得られた場合、重複する内容の助成はできない
【助成金の複数年利用の諾否】 【個人】最長6か月まで
【団体】記載なし
【その他】  

〇詳細ページURL
アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC) 募集ページ
アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC) トップページ

海外活動に対する助成制度の募集情報 一覧ページに戻る
国内活動に対する助成制度の募集情報 一覧ページに戻る